【30代転職者必見】定番質問から面接回答まで

Pocket

『面接で何を聞かれるか不安』

『面接ではうまく伝えれない』

『応募書類は通るのに面接でうまくいかない』

 
転職希望者
うまくいかないことが多くて自信がなくなってしまった。。

こんな悩みを抱えた転職者は多いのではないでしょうか??

面接官の意図がわかってないが故の“期待外れの答え“をしてしまいがちです。

面接官目線で何を知りたいと思って質問しているかを考える必要があります。

今回は面接における定番の質問からイレギュラーな質問に対しての回答例を紹介していきます。

関連記事

 転職者 キャリアアップも考えてそろそろ転職したい。。 コロナ禍でも仕事を変えたい、前向きに転職を考えている方は増えてきています。 仕事を辞めたくなる瞬間が多くなってくると転職時かもしれません。 仕事を辞めた[…]

面接対策は上記記事から読めます。

  • 定番質問一覧
  • 模範解答例
  • 質問のチェックポイント
 
面接官
転職エージェントで面接対策もしてくれます。

書類では見えない部分を面接でチェックされます。

等身大の自分を伝えることができないと書類から受けたイメージとのギャップを企業側が感じてしまいます。

【面接=選考】ではなく【面接=面接官とのコミュニケーションの場】と考えることが攻略のポイントです。

面接ではポイントをリストアップして『見える化』をオススメします。

企業が知りたいと思っているポイントを応募側も予測することで『見える化』ができます。

  1. 応募者のスキル
  2. 応募者の経験値 
  3. なぜ転職するのか

面接の定番質問

実際によく聞かれる質問を取り上げて、ポイントとその回答例を紹介していきます。

定番でも“どう答えていいか”分からない質問は参考にしてみてください。

自己PR

自己PR=自己紹介ともとれます。意外と自己紹介するのは苦手という方は多いのではないでしょうか。

自己PRは何ですか?
私の強みは交渉力です。何年も契約できなかった取引先と契約を結んだ実績があります。心掛けたことは相手のニーズを引き出ししっかり説明をすることで相手に納得してもらうことができました。(営業の場合)
  1. 自己PRのポイント
  2. その理由
  3. それを説明するエピソード
  4. 最後にもう一度ポイント
 
面接官
それをできた裏付け理由も添えるとより納得してもらいやすくなります。

志望動機

志望動機は前向きな理由が欲しいところです。

志望動機は何ですか
御社の商品を以前から愛用しています。消費者の目線に立った素晴らしい商品でこの商品が生まれた背景やきっかけを考え私も御社で商品開発に携わりたいと思っておりました。私は前職でマーケティング業務を担当しており良い商品を世の中に広めることで貢献していきたいと考えております。(企画開発の場合)
  • 志望動機を聞くことで仕事に対する意欲を確認
  • ネガティブな転職理由はNG
 
面接官
志望会社で働きたいという熱意+メリットを伝えることが重要です。

長所・短所

この質問では人柄や性格を確認して在籍する社員とうまくやっていけるかをチェックされます。

あなたの長所と短所を教えてください。
長所は新しいところに臆せず入っていけるので新規開拓をバンバンしていました。御社でも継続して新規開拓で貢献できると思います。短所は長所が行き過ぎてしまうところです。新規開拓固くお断りのところにも行ってしまい、ご迷惑をおかけしてしまったことがあります。それ以後は同じミスをしないように事前に新規開拓チェックリストを作成するなどして回避しています。
  • 主観的ではなく客観的な視点から伝えること
  • 表現次第では短所も長所に言い換えることができる
 
面接官
短所をどうやって克服したかをアピールしましょう。

応募企業についてどれだけ知っているか

採用側は『会社のことは事前に調べてきている』という前提で面接をします。会社情報を集めておくのは基本中の基本になります。

当社についてどのくらい知っていますか?
御社のロングセラー商品○○はもちろんのこと、新商品の○○にも注目しています。御社商品の認知度のスピードの速さは消費者目線に立った御社のSNS発信からだと認識しています。
  • 仕事に対する熱意や意欲をチェック
  • メイン商品や強みは事前に把握しておく
 
面接官
応募者が働いているイメージをもってもらうように伝えましょう。
  • 会社の基本情報
  • 事業内容と今後の方向性
  • 競合他社との比較

プレスリリースなどで会社の方向性を知ることができます。活用してみてください。

退職理由

円満退職かどうか、【辞め方】を気にする企業は多いものです。

前職の辞め方によっては、同じことを繰り返してしまうのではないかと不安視されることもあります。

退職・転職理由は何ですか?
営業⇒これまで新築マンションの営業に携わってきましたがマンションに限らず注文住宅を含めた住宅全般の営業にチャレンジしていきたいです。(住宅・不動産の場合)
  • 将来を見据えて転職したことを伝える
  • 前向きなポイントを伝える
 
面接官
会社批判にならないように注意です。

以前の仕事内容

以前の仕事内容を聞かれるときは『成果を出せる人物』かどうかが判断されます。

  1. 成果を出すために工夫したこと
  2. 次の職場でも活かすことができるか

以前・今の仕事内容はどのようなものですか?
直近では○○億円のビッグプロジェクトチームを担当しておりました。その中でも交渉役としてのポジションを担い取引先との何回もの交渉を粘り強く行いプロジェクト成功をチームの一員として果たせました。
  • 仕事の大きさより内容を重視
  • 役割をきちんと果たせていたかどうか
 
面接官
成果を出せる人物かどうかを相手にイメージしてもらいましょう。

当社で活かせる強み

【即戦力】の人物かを判断される質問です。実績やスキルを自慢するのではなく【応募企業に活かせる強み】を伝えるとよく企業分析もしていると判断してくれます。

当社で活かせる強みを教えてください。
小学生のころから一貫して○○のスポーツをしておりました。社会人になった今でも続けており決めたことは最後までやり遂げる力が身に付きました。会社の決められた目標を達成する点はもちろんそれ以上の成果を出し続けたことで○○の役職もつきましたので引き続き御社でも取り組んでいきたいです。
  • できることは少ないとイメージを持たれないようにする
  • 強みを全て伝えるのではなく厳選して伝える
 
面接官
自信を持って伝えましょう。

当社でどんなことをやりたいか

『どう貢献できるのか』がポイントです。

一方的に自分のやりたいことを伝えるのではなく応募企業にメリットがあることを伝えるように意識しましょう。

当社でどんなことをやりたいか
以前の仕事ではシニア向けの雑誌の編集を担当しておりました。SNSが得意なのでSNSなどのネットを軸とした若い世代のファン獲得も○○すれば可能と考えております。(SNS事業部応募の場合)
  • 仕事内容を理解して応募しているか
  • 長期的な視点をもって応募しているか
 
面接官
勉強させていただきますはNG

面接でのイレギュラー質問

残業が多い

仕事への覚悟を確認する質問です。以前の会社での残業の話をすると効果的です。

残業が多いですが大丈夫ですか?
新規事業のリーダーを任せされていたときは1ヶ月間毎日終電近くまで残業しておりました。健康管理しつつコスト意識を持ちながら御社では取り組みたいと考えております。
  • 理想の会社は中々ないので残業は覚悟する
  • 気力・体力の両方をアピール

ほかにどんな会社を受けているか

真剣に転職活動をしているかチェックされます。

業界や志望動機がバラバラだと『条件だけで応募してきたのではないか』と疑われます。

他にどんな会社を受けていますか?
営業に関わる企業に絞って5社ほど受けています。御社が第一志望の理由は私の○○スキル・経験を活かせて即戦力になることが可能だからです。
  • 他社でも採用選考に残っていると伝えることで採用意欲がわく可能性がある
  • 相手を納得させる答えをすることが大事
 
面接官
志望している仕事の一貫性を伝えよう

最近のニュースで気になったこと

情報に対する感度、関心度、情報収集能力を見る質問です。

気になったニュースはありますか?
○○のニュースが最近大きく取り上げられているのをよく目にします。業界的に直接影響はないものの時代の変化が早いのもあり今後関わる可能性があると考えております。
  • 志望業界のニュースほどアンテナをはる
  • 仕事に絡めたニュースを取り上げることで勉強熱心をアピール
 

いつから出社できるか

いつから戦力になるのかを確かめる質問です。

引き継ぎがあってもできるだけ早く入社できるように努力する姿勢を伝えることが大切です。

いつから来れますか?
すぐにでも入社したいのですが仕事の引継ぎがありますのでなるべく早く終わらせて入社準備をします。
  • すぐにでもという回答は引継ぎがあるのでは?と思われてしまうのでNG
  • 調整期間が長いと見送られる可能性もある

なぜ未経験の職種に応募したのか

未経験の仕事でもやりきるための意欲と能力があるかを確かめる質問です。

なぜ未経験の職種に応募したのか
営業として様々なメーカーの商品を扱っていましたが、売るために提案したりもしていました。本当にお客様にご納得してもらうために営業の視点を活かしてメーカー商品の開発に関わりたいと思っています。
  • 説得力のある志望動機を練っておくこと
  • 目指した経緯を具体的に伝えることが大切

転職回数についての質問

転職回数が多いとすぐにやめてしまうイメージを持たれてしまいます。

ここでは納得できる回答(正当性)と噓をついていないか(信憑性)がチェックされます。

転職回数が多い理由は何ですか?
転職回数は多いですがマーケティングを勉強して実践する計画的な転職と考えていました。販売職でお客様と対面接客して商品開発でお客様の声を反映する。これらの経験を踏まえてマーケティングに活かせると思ったので転職を複数企業していました。
  • 今までの仕事の共通点をアピ―ル
  • 説得力を持たせる転職と伝える

ブランク期間は何をしていたか

即戦力として問題ないかをチェックされます。ブランク理由も様々あります。例えば

  • やりたいことを追求する
  • 目的がない
  • 療養目的
 
面接官
きちんと説明できればOKです
ブランク期間は何をしていましたか?
○○の資格をとるためのブランク期間です。仕事と並行しながらでもできましたが集中して取り組みたかったため離職して○○の資格を取りました。
  • 計画性をアピール
  • スパンを決めて活動してきたことをアピール

イレギュラーな質問にも対応できるように練習しておきましょう。

面接での逆質問

だいたい面接の終わりに聞かれる質問事項です。ここではあらかじめ聞きたいことを整理しておくことが無難です。

質問はありませんかと聞かれた場合

面接終了の合図でもありますが真剣に企業研究していれば確認したいことはでてくるのが自然です。

  • ホームページに書いてあることをわざわざ質問してしまうのはNG
  • 社外秘であるようなことを聞くのも常識がないと判断される可能性も
 
面接官
好印象で終わるのがベストです。

給与額を確認したいとき

給与が一番気になることが多いのではないでしょうか?

デリケートな質問のため聞き方によっては良い印象を持たれません。

不躾(ぶしつけ)な質問になりますが仕事の評価基準はどのようなものがありますか?
  • ストレートな質問はNG(給料いくらですか?)
  • 評価基準などを聞いて意欲を見せる

仕事のノルマを確認したいとき

ノルマを達成できないとどうなるのか、どのくらいノルマがあるのか気になるところです。

【ノルマ】というネガティブな言葉ではなく【目標】という言い方で質問しましょう。

目標数字において確認したいのですが⇒
  • ホームページは隅々までチェックして情報収集
  • 仕事内容を理解した上で質問する
 
面接官
ホームページに先輩の体験談が載っていることがあるのでチェックしてみてください。

残業や休日出勤を確認したいとき

残業や休日出勤の有無は働く上で気になりますがストレートに聞くとあまり良い印象を持たれません。

社員の方々は休日はどのようにお過ごしでしょうか。参考にさせていただきたいです。
  • やりとりの中で自然に聞く
  • なぜ知りたいか理由を添える

試用期間について確認したいとき

企業によってはすぐ正社員扱いではなく試用期間を設けるところもあります。

質問のタイミングは最終面接か内定後が一般的です。

この期間の労働条件はどのように考えればよろしいでしょうか?
  • 待遇重視と思われないように注意
  • ストレートな質問はNG
 
undefined
試用期間中も正社員待遇の場合は求人票に書いてることが多いです。

まとめ 【30代転職者必見】定番質問から面接回答まで

お疲れ様です。いかがだったでしょうか。

今回は面接で聞かれやすい質問とイレギュラーな質問をまとめてみました。

もちろん企業によって質問は違うのでホームページなどを読み込んだうえで質問を想定することが大事です。

質問の意図を抑えておけば今まで分からなかった質問にも対応が可能になります。

ぜひ参考にしてみてください。

面接対策のすり合わせも転職エージェントとしていた方が通過率は格段に上がります。

最新情報をチェックしよう!