テレワークでも成果をあげる睡眠方法

Pocket

今回は睡眠力があがる方法とグッズを紹介していきます。

本記事でわかること

睡眠の前にやるべきことがわかる

睡眠グッズもあわせて紹介

流し読みで約3分で読めます

ノンレム睡眠を活用しよう

簡単にノンレム睡眠を一言でいうと「眠りが深い状態」

「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」は、どちらも脳や身体にとって重要な睡眠で

90~120分周期で交互に繰り返していて、バランスよく取ることで良質な睡眠につながります。

「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」のサイクルを一晩で4〜5回繰り返すことのできる、6〜8時間の睡眠時間を確保することが理想的ですね。

「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」とは?意外と知らない眠りの種類 | SleepediAより

寝入ってから約3時間の間に深い眠り=ノンレム睡眠に達すれば、脳もカラダも休ませることができるため、朝起きた時に「ぐっすり寝た」という満足感を得ることができるのです。

寝入ってから2~3時間後に分泌されるのが成長ホルモンです。成長ホルモンは単に「成長」を促進させるだけでなく、「細胞の修復」や「疲労回復」に役立っています。肌=皮膚や内臓の細胞を新しいものに入れ替える「ターンオーバー」は、成長ホルモンによって行われるのです。そのため、成長ホルモンを「若返りホルモン」と呼ぶ専門家もいるほどです。

睡眠が健康に与える影響――睡眠は「時間」も大事だが「質のよさ」がもっと重要! | オムロン ヘルスケア (omron.co.jp)

いびきは良質な睡眠の敵

いびきは一種の呼吸障害で睡眠時の血液中の酸素量が低下しています

健康な人と比べて約30%も低下する人もいます。

こうした呼吸障害が、日常生活に支障をきたしたり、生活習慣病の原因やリスクとなっていることがわかり、注目されています。

いびきに役立つ改善方法は下記項目でチェックしてみてください

  • 肥満のひとは減量する
  • 横向きに寝る
  • 寝酒はやめる
  • 寝室の湿度は保つ
  • いびき体操を行う

怖い病気が隠れていることも いびき | 手軽に効果!運動・ボディケア | サワイ健康推進課 (sawai.co.jp)

就寝前の過ごし方

白湯には寝る前に飲むと、デトックス効果があると言われており
白湯には、不純物がなく、体温に近い状態の白湯を飲むと内臓が温められるから。
内臓が温められることにより肝臓や腎臓の働きもスムーズになりますし、胃や腸の消化機能も働きやすくなるのです。

カフェイン含まれているものは18時以降の摂取は控えるのがベターです。

スマホの明るさを調整する

保護カバーとブルーライトカット両方の機能がついているものあるので

ぜひチェックしてみてください。

寝つきが早くなるや寝た後の満足感が得られるのが一番のメリット。

簡単に言うと脳が昼間と錯覚して覚醒状態に入ってしまうので中々寝れないことになります。

身体の温度調節のために入浴は夏でも行いましょう。

疲れがとれやすくなるのも入浴がカギです。

  • ぬるま湯に15分
  • 入浴が面倒なときは部分入浴もオススメ(足湯など)

一度身体の温度をあげることがポイントになってきます。

徐々に鳴り始める目覚ましでゆっくり起きるのがベスト。

大量の目覚ましや大きい音で起きてしまうとその日の体調が良くない場合も

個人的にはアップルウォッチで徐々に起きるか光の目覚まし時計がオススメです。

まとめ

  • 睡眠をより良くするためにNG行動は避けよう
  • 安眠グッズを積極的に取り入れましょう

“是非チェックしてみてください”

最新情報をチェックしよう!